空総監対策11−2013年問3

今回は、空総監試験の2013年度の問3にチャレンジしてみましょう。

問題

2013年の問題を以下に引用します。

日本測量協会 空総監過去問ページより引用
http://www.jsurvey.jp/gissv/test.pdf

今回の問題はシンプルで、改めての解釈は必要なさそうです。

回答案

では、答案を作成してみましょう。まずは骨格を作成します。

  1. 受験番号、氏名、専門を簡単に記載
  2. はじめに
  3. 豪雨被害について
  4. 豪雨被害に関するオープンデータ
  5. 空間情報技術の適用1ー防災
  6. 空間情報技術の適用2ー予測・初動
  7. 空間情報技術の適用3ー救助・復旧
  8. まとめ

上記をもとにした回答案は、以下となります。

スライド1

設問の専門を簡単に記載しました。

スライド2

”はじめに”は、出題者が求めていないかもしれませんので、減点リスクはあります。
写真で逃げている感もあります。。

スライド3

近年の豪雨被害の増加傾向について情報を紹介しています。

スライド4

豪雨災害用のオープンデータに関する情報を紹介しています。

スライド5

事前防災の観点で、ハザードマップの課題と解決策について記載しました。

スライド6


被災後の初動対応に関して予測や安否確認について記載しました。

スライド7

初動後の被害想定範囲の把握や救助について記載しました。

スライド8

最後はあまり書くこともないので、まとめで逃げています。

まとめ

今回は、2013年度問3について答案を作成してみました。
これも1時間程度ではとても作成できません。やはり、絵の作成に時間がかかりますね。

これまで幾つかの問題に取り組みましたが、この試験は”準備の試験”なんだなと感じました。

明日は休暇をとって、これまでの情報の整理をしようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =

前の記事

空総監対策10−2014年問3

次の記事

Docker-Oracle11XEの導入