GO
Golangによるosm.pbf読み込み1

前回の記事では、VSCodeを使ってGolangの開発環境を構築しました。 今回は、いきなり応用編ということで、Geofabrik社より頒布されているosm.pbf(OpenStreetMapのデータ)の件数をカウントす […]

続きを読む
空総監
【2021年空総監受験】業務経歴書の書き方2

今回は、受験願書の中で最も重要な業務経歴書(3)の書き方を解説します。 業務経歴書(3)は、責任者を務めた主な業務経歴として最大5件記入しますが、主に受験資格③の業務責任者の要件(黄色下線部分)を確認するために使われます […]

続きを読む
空総監
【2021年空総監受験】受験願書の書き方1

7月1日(木)より令和3年度の受験願書の受付が始まりました。空総監の試験は、受験願書の提出から始まり、筆記試験、面接試験と長丁場です。また、受験願書により受験資格の有無を判定されますので、受験願書の記入方法によっては筆記 […]

続きを読む
GO
Golang +VSCode環境構築(Mac編)

今回は、GolangをVSCodeを使った開発環境の構築手順を書きます。 私は、地図データ形式を変換するプログラムを主にPythonで作成していますが、”CやC++を置き換える言語を目指す”というGo言語を使えば処理性能 […]

続きを読む
空総監
【2021年空総監受験】ブランディングの3つのポイント

本記事では、空総監受験で最も重要な”自身のブランディング”について、その重要性と必要な理由を説明しブランディングの具体例を書いていきます。 ブランディングとは何か ブランディングが重要な理由 ブランディングの具体例 ブラ […]

続きを読む
空総監
【2021年度版】空間情報総括管理技術者の受験対策1

今年も空間情報総括管理技術者(空総監)の受験申し込みが始まります。今回からシリーズで、2021年度版の空総監対策を書いていきたいと思います。 私は、2020年度に初めて受験し、運良く合格することができました。そのあたりの […]

続きを読む
Python
VSCode+Pythonオフライン開発環境

今回は、インターネットに接続できない環境(オフライン環境)に、VSCode+Pythonの開発環境を構築するお話しです。 ことの始まり 私が本業で担当しているシステムは秘匿性が高いこともあって、開発・保守環境は外部インタ […]

続きを読む
Geolonia
Geolonia Oceanusの紹介

今回は、Geolonia社のGitHubにて公開されたOceanusをご紹介したいと思います。 Oceanusの概要 Oceanusは、NaturalEarthから提供される世界地図データをmbtilesに変換しTile […]

続きを読む
GIS
QGIS3.16

2020年10月28日に、QGISの最新版(3.16 Hannover)がリリースされました。今回は、私が気になった追加機能を2つご紹介します。 気になる機能追加のご紹介 以下の3.16 Hannover(以降、3.16 […]

続きを読む
Oracle
オラクルからのポリゴンデータ抽出

今回は、オラクルのジオメトリカラム(SDO_GEOMETRY)をWKTテキストファイルに出力します。 この作業に至るまで 以前の記事にて整備したオラクル11XEの環境を使って、国勢調査の小地域ポリゴンデータをWKTファイ […]

続きを読む